買い物依存症の克服には医療機関・自助グループなどの力が必要


買い物依存症の克服には

ここでは買い物依存症の克服についてまとめてみます。

 

 

買い物依存症の克服には、まず自分が本当に依存症なのかを判断しなければいけません。そして買い物依存症とわかったら、専門の医療機関や自助グループの力が必要です。

 

 

買い物依存症を疑うを前に

 

自分が買い物依存症かもしれないと疑う前に、病気かどうかをチェックしてみましょう。と言うのも、生来の買い物好きと言うことがあるからです。

 

 

買い物好きは病的に買い込む方もいますが、だからといって、精神疾患の買い物依存症とは限りません。少々度を過ぎたかもしれないですが、趣味の範囲であれば買い過ぎたことを認める自分もちゃんといるのです。

 

 

その場合も、買い物依存症のようなのもを克服、または克服方法はあるかもしれないですが、本当に治すべき依存症とはちょっと違います。

 

 

自分が病的な依存症であるほど、自分が依存症であることを認めようとしません。また、お金の管理も配偶者などの身近な人がやっていることが多いのもその特徴です。つまり、身近に、結果的に依存症を増長している役割の人が存在している場合、精神疾患のタイプを疑ったほうが良いということです。

 

 

あなたの傍に買い物依存症を増長するタイプの人がいる?

 

精神疾患タイプの買い物依存症の場合、すべてではありませんが、あなたを包み込む役割の相手を傍におきやすいと言うのは本当です。

 

 

考えれば分かりますが、あなたの買い物依存症を恋人や旦那さんがこっ酷い病気とわかれば、たとえどれほどタイプだったとしても、あなたの傍から去っていくでしょう。なぜなら、やはり破滅だけは避けたいと、普通は思うからです。

 

 

買い物依存症を治すことも考えるでしょうが、普通は面倒に思い、離れていく確率のほうが高いと思います。

 

 

でも、そういうあなたを好きになる人もいます。買い物依存症ですから、それに対応できるぐらいの経済力が必要ですが、あなた自身の親などがお金持ちなら、相手がかならずしも経済力がなくてもだいじょうぶです。

 

 

その人は、全面的にあなたが買い物依存症であることを、プラス指向で対処しようとします。それは、あなたをさらに買い物依存症に駆り立てることにはなるのですが、それを治したいといった対策を取らないのです。

 

 

もし、あなたのそばに依存症かなと思う人がいたら、ぜひ確認してみて欲しいのですが、依存をさらに深める人の存在がおそらくいるはずです。

 

 

克服には医療機関、自助グループなどの力がどうしても必要

 

では、そういう相手がいたとして、病気を克服できる対処法があるのかというとそれは微妙です。

 

 

まず、買い物依存症が病気であることを、自分自身で認めなくてはなりません。そして外部の医療機関、自助グループの情報を集めて、自分にあった対応機関を見つけることです。身近なところでは社会福祉事務所でも対応しているはずですし、公的な施設なども紹介してくれるでしょう。

 

 

ただ、残念ながら病気を治せるのは自分しかありません。時間もかかりますし、仕事を変える必要も出てくるかもしれません。ただ、本気で治療を考えているのなら、そこからがスタートとなります。

もしかして借金で困っていませんか?

買い物依存症の克服には医療機関・自助グループなどの力が必要 買い物依存症の克服には医療機関・自助グループなどの力が必要



買い物依存症の克服には医療機関・自助グループなどの力が必要 買い物依存症の克服には医療機関・自助グループなどの力が必要