買い物依存症に効果がある「ジェイゾロフト」とは


買い物依存症に良く使われる

買い物依存症は、依存症のなかでもそれほど薬治療を用いないと思われるようですが、セロトニンの分泌を良好にする効果があるジェイゾロフトは、わりと良く使われる薬のひとつです。

 

 

ジェイゾロフトはうつ病、パニック障害、外傷後ストレス障害の患者にも処方されている比較的新しい抗うつ剤ですが、依存症の患者にも処方される場合があります。

 

 

ここでは、買い物依存症にも効果があるとされれるジェイゾロフトについてまとめてみます。

 

 

セロトニンなどの脳内ホルモンについて

 

買い物依存症に効果があるジェイゾロフトを言及する前に、脳内ホルモンについて触れておきます。

 

 

ご存知のこととは思いますが、セロトニン、ノルアドレナリン、ドーパミンは、脳内物質、脳内ホルモンなどといわれています。このうち、セロトニンは、ノルアドレナリンやドーパミンを抑えようとするはたらきがあり、とくにセロトニン分泌のバランスが崩れると、依存症の症状を強めてしまうらしいのです。

 

 

セロトニンは、衝動、心身の安定、心の安らぎをもたらすはたらきがありますが、ドーパミンは快楽を、ノルアドレナリンは興奮を求める脳内ホルモンです。ですから依存から得られる快楽にストップをかけるはたらきがセロトニンには備わっています。反対に、買い物依存症の症状が勝ってくると、セロトニンの分泌が弱くなり、ドーパミンが勝手に暴走しているわけです。

 

 

ジェイゾロフトのセロトニンの濃度の増やす方法とは

 

ジェイゾロフトは、「選択的セロトニン再取込阻害薬(SSRI)」ということで、セロトニンの分泌量を上げるように伝えられることが多い薬です。しかし、この薬、たんにセロトニンの分泌量を増やすのとは、どうやら違うようです。

 

 

通常、セロトニンはトランスポーターで再吸収/再利用を繰り返していますが、トランスポーターの再吸収のはたらきが弱くなると、自然にセロトニンの濃度は上昇します。ジェイゾロフトはこの仕組みを用いて、セロトニンの濃度を上げているのです。

 

 

また、セロトニンの分泌を高めるには、毎日、階段を昇降したり、起床してすぐ、目から明るい太陽光が差し込むと良いと言われますが、これは心拍数を高めたり血圧を上げたりすることで、身体にスイッチを入れ直しているのです。これと同じ作用が、ジェイゾロフトにあると言われています。

 

 

ジェイゾロフトは離脱症状も少ない

 

依存症の改善に、ジェイゾロフトはよく用いられているわけですが、この薬は長期服用を前提とはしていません。普通は長くても1年程度で断薬する方向に向かうようです。自分には薬が合っているからと、勝手な自己判断で服用を続ける人もいるようですが、この薬は向精神薬ですから医師の指示のもとで正しく服用したいものです。

 

 

正しい服用をすれば、ジェイゾロフトは離脱症状も少なく、続けやすい薬として評価されています。また、断薬する場合も問題なく薬を止められる方が多いと言われています。

 

 

ただし、ジェイゾロフトが合わないという方ももちろんいます。専門医の診断のもとで処方される薬ですから、用法・用量は守り、少しでも異常を感じた場合は、かならず医師の指示を仰ぐようにしてください。

もしかして借金で困っていませんか?

買い物依存症に効果がある「ジェイゾロフト」とは 買い物依存症に効果がある「ジェイゾロフト」とは



買い物依存症に効果がある「ジェイゾロフト」とは 買い物依存症に効果がある「ジェイゾロフト」とは