買い物依存症と借金問題について


買い物依存症と借金

買い物依存症と借金は切っても切れない問題です。依存症を治す施設の中でも、クレジットカードや借金問題を扱う部署を設けているところもあります。

 

 

買い物依存症で借金から破産していく人は多いのが現状です。こうなると、どうしても貧乏で暮らしていく人が多くなります。しかも破産しても、買い物依存症が治らない方がいるのです。

 

 

ここでは、買い物依存症を考える上で避けることはできない借金問題を考えていきたいと思います。

 

 

どこからも借りれなくなってから自分の病気を

 

買い物依存症の相談に来る方は、同時にクレジットカードなどの借金問題を抱えています。

 

 

じつは、依存症には底つき体験というものがあります。底つき体験とは「自分自身の努力ではどうにもならなくなった」という感情です。買い物依存症で言えば、借金が膨らんで首が回らなくなった状態でしょうか。まさに悲惨という言葉がぴったりです。

 

 

買い物依存症というのは、自分で底をつかないうちは、問題に向き合おうとはしない方が多いのです。そして、たとえばクレジットが使えなくなってから、自分ではどうしようないことに気づくのです。

 

 

また、カードは持っていなくても自分の貯金を使い果たす者もいます。せめてもの慰めは、貯金に手を出すことで、借金の額がそれほど膨らまなかった方もいるということですが、どちらにしても自分で使える分がなくなってしまうことには代わりありません。

 

 

相談に来る段階で、すでにそうなって来る人が多いのが、買い物依存症の見えない一面なのです。

 

 

買い物依存症と債務整理

 

買い物依存症の方は、ショッピング中心にクレジットカードを使う方が多いのですが、現金をキャッシングで借りてショッピングに使う人もいます。どちらの場合でも、もはや法的に借金を整理(債務整理)するしかありません。

 

 

いちばん費用が軽く済むのは、簡易裁判所を使って特定調停に持ち込むことですが、弁護士に頼んで任意整理や自己破産する場合も、いまは費用を分割払いにしてくれるところがほとんどです。

 

 

特定調停は基本的に弁護士を使わないで債務整理を進めます。費用が軽く済むのはそのためです。ただ、いっぽうで特定調停は過払い金返還請求までは行使できません。

 

 

ただし、相当むかしに借りた借金でなければ、過払い金請求はできないものがほとんどですし、特定調停の債務整理の方法が、基本的にグレーゾーン金利に対する金利の引き直しですから、2004年前後に消費者金融で借りたのであれば、特定調停の処理(金利の引き直し)はほぼ無理ということになります。そうなると、債務整理の方法としては自己破産しか選べられなくなってくるわけです。

 

 

いずれにしても、債務整理の方法は、自分で考えるのではなく、できるだけ信頼のおける人に相談に乗ってもらうことです。

 

 

債務整理後の注意点

 

ただ、注意して欲しいのは、債務整理をして借金が軽くなったとしても、二度とこれまでと同じような散財はできません。そのことを忘れないようにしてください。

 

 

また借金問題を解決するメドが立ったとしても、依存症という病気が完全に治っているわけではありません。ここからが、本格的な治療なのであり、ある意味でそこからが、いちばん大切なところです。

もしかして借金で困っていませんか?

買い物依存症と借金問題について 買い物依存症と借金問題について



買い物依存症と借金問題について 買い物依存症と借金問題について