買い物依存症とリボ払いの関係


リボはカード破産者を増やす支払方法

買い物依存症は、クレジットカードなどでリボ払いを使えることで、借金を増やしていきます。では、リボ払いをしなければカード破産を免れることは可能でしょうか。極論を言ってしまうと、筆者は可能だと思います。ということは、それだけ買い物依存症の借金、破産にリボ払いが関係しているということです。

 

 

今も一括払い・2回払いが使えない場合に3回以上の分割払いを選ぶことはできますが、最近ではクレジットカードの支払方法に手数料が掛らない一括払い・2回払い以外を選んだ場合、リボ払いしか選べないクレジットカードも増えています。

 

 

買い物依存症の場合に限られたことでもありませんが、リボがカード破産者の数を増やしたことは、(多少大袈裟かもしれませんが)間違いはないと思います。

 

 

買い物依存症とリボ払い

 

リボ払いをきちんと説明すると長くなってしまいますが、分割払いと同じで手数料が掛ります。でも、分割払いは買い物ごとに支払いを3回、6回と分割にするのですが、リボ払いは買った商品代金をリボ残高に加えて、決められた定額で支払っていきます。

 

 

一見するとリボ払いはどんなに買い物数を増やしても、5,000円、10,000円などの定額を月々負担するのでらくに返せると思いそうですが、クレジットカードを使って買い物を繰り返している限り、返済がいつ終わるかもわからくなってしまいます。

 

 

分割払いは件数が重なれば支払い額も増大しますが、それによって自分で買い過ぎかどうかがすぐわかります。そして、クレジットカードを使うのを次第にセーブするようになります。

 

 

また、ショッピングのリボ払いはキャッシング(カードローンなど)のリボ払いと違い、定額払いと言っても手数料が上乗せされて請求が来るものがほとんどです。リボの手数料は残高累計に対して掛りますので、残高によっては手数料の額がかなり増えてしまいます。ここは、注意しなければいけません。

 

 

リボが簡単に止められない理由とは

 

それでもリボ払いを利用してしまうと、なかなか簡単には止められなくなります。一旦リボで設定した支払いは、もとに戻せないのが普通ですし、以降、一括や分割を増やしても、そのぶんがリボ返済に上乗せされてしまうので、かえって返済額が予定していた分より増えてしまいます。

 

 

余裕を持って返済していれば良いのですが、カードにも依存している買い物依存症の方が、そう簡単には毎月の返済額を変えることはできないでしょう。そうこうしているうちに、利用上限額いっぱいまでリボで使い切ることになります。そうしたカードが2枚、3枚と増えていけば、確実に借金の額は破産を見据えたものに育っていきます。

 

 

またクレジットカードが使えない場合でも、信販会社のクレジットが使えるので買い物はまだできるのですが、クレジットカードを滞納しはじめると、信販会社のショッピングクレジットも下りなくなってきます。自分が病気かなとに認識しはじめるのは、ちょうどその時期あたりです。

 

 

クレジットは一括払いかデビットカードがいちばん良い

 

クレジットカードを使うのなら、これはもう一括払いのみを選んだほうが良いでしょう。

 

 

またクレジットカードではなく、即時口座決済となるデビットカードもおすすめです。これなら、難しい審査は必要なく、クレジットカードより簡単に所有できます。ただし、デビットカードは口座に現金がなければ使えません。これでも良ければ、依存症の方にもすすめたいカードです。

もしかして借金で困っていませんか?

買い物依存症とリボ払いの関係 買い物依存症とリボ払いの関係



買い物依存症とリボ払いの関係 買い物依存症とリボ払いの関係